高額療養費について

医療費が高額になったとき(高額療養費)

 同じ月内の医療費の負担が高額となり、自己負担限度額を超えた場合、申請して認められれば、限度額を超えた分が高額療養費としてあとから支給されます。
・70歳未満の人の場合
所得区分
(基準総所得額※1)
年3回目まで 年4回目以降
901万円超 252,600円(医療費が842,000円を超えた場合はその超えた分の1%を加算) 140,100円
600万円超~901万円以下 167,400円(医療費が558,000円を超えた場合はその超えた分の1%を加算) 93,000円
210万円超~600万円以下 80,100円(医療費が267,000円を超えた場合はその超えた分の1%を加算) 44,400円
210万円以下 57,600円 44,400円
住民税非課税世帯※2 35,400円 24,600円
※1 基準総所得額=前年の総所得額等-基礎控除33万円。

※2 同一世帯の世帯主とすべての国保被保険者が住民税非課税の世帯に属する人。

限度額適用認定証の交付を申請してください

 あらかじめ「限度額適用認定証」の交付を住民税務課国民健康保険係に申請し、医療機関に
提示すれば、窓口での負担は自己負担限度額までとなります。

世帯の医療費を合算して限度額を超えたとき

 同一世帯で同じ月内に21,000円以上の自己負担限度額を2回以上支払った場合、
それらを合算して自己負担限度額を超えた分が、あとから支給されます。
領収書と印鑑を持参のうえ、申請してください。

70歳~74歳の人の場合

 70歳~74歳の人は、外来(個人ごと)の限度額を適用したあとに、
外来+入院(世帯単位)の限度額を適用します。
・自己負担限度額(月額)
   区分                  外来(個人単位)の限度額                                             外来+入院(世帯単位)の限度額
現役
並み
所得者


    44,400円
    80,100円
医療費が267,000円を超えた場合
80,100円+
(医療費の総額―267,000円)×1%
   一般     12,000円     44,400円
低所得2      8,000円     24,600円
低所得1      8,000円     15,000円

限度額適用・標準負担額減額認定証の交付を申請してください

 低所得1・2の人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要です。
住民税務課国民健康保険係に申請してください。

暮らしの便利帳

暮らしの便利帳

  • 税金
  • 届出・証明書
  • 教育
  • 子育て
  • 防災・災害
  • 健康・福祉
  • 住宅・土地・交通
  • 水道
  • ゴミ関連
  • 求人情報