平成30年4月から国民健康保険制度が変わります

「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法の一部を改正する法律」が平成27年5月27日に成立しました。これにより、平成30年度から、都道府県が財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営や効率的な事業の確保等、国保運営の中心的な役割を担い、制度の安定化を目指すことになります。

わたしたち加入者にはどんな影響があるの?

 国民健康保険の財政運営の仕組みは変わりますが、医療の受け方は変わりません
 また、被保険者証の交付や保険料(税)の納付先、保険給付の申請、各種届出の窓口は、これまでどおりお住いの市町村で行います。

平成30年4月から変わること

被保険者証の様式が変わります

 平成30年度の更新から、新しい被保険者証には、居住地の都道府県名が表記されるようになります。

資格の取得・喪失は都道府県単位になります

 同じ都道府県内であれば、他の市町村に引っ越した場合でも、加入者の資格は継続します。ただし、資格は継続しますが、被保険者証は転居後の市町村で改めて交付します。

高額療養費の多数回該当が都道府県単位で通算され、加入者の負担が軽減されます

 同じ都道府県内であれば、他の市町村に引っ越した場合でも、引っ越し前と同じ世帯であることが認められるときは、高額療養費の多数回該当が通算されます。

※多数回該当とは、過去12ヶ月間で高額療養費の対象となった月が4回以上となった場合、4回目から自己負担限度額が引き下げられる制度です。

暮らしの便利帳

暮らしの便利帳

  • 税金
  • 届出・証明書
  • 教育
  • 子育て
  • 防災・災害
  • 健康・福祉
  • 住宅・土地・交通
  • 水道
  • ゴミ関連
  • 求人情報