風しん届出数の増加に伴う対策について


   風しんの患者さんが増えています!

  風しんの報告が増えていると厚生労働省より注意喚起がありました。

  9月末には、県内でも風しん感染例が報告されました。
 
◆  感染拡大防止のために ◆

風しんは

 感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる感染症。風邪によく似ており、感染すると、発熱・発疹・リンパ節腫脹といった症状が認められ、多くの場合は数日で治ります。

心配なのは

 妊娠早期の妊婦が風しんにかかると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害がでること)に可能性があるため、注意が必要です。
 ⇒ 古殿町では妊婦を希望する女性、妊婦の夫を対象に風しん抗体価検査・風しん予防接種費用の助成を行
  なっています。

どこで

 風しんは咳やくしゃみで他人にうつるため、特に学校・職場・公共交通機関などの人が集まる場所で感染が拡大する恐れがあります。

みんなにできることは

 □ 体調がすぐれない場合には、ムリに外出しないでください。
 □ どうしても外出が必要な場合には、咳エチケットを徹底しましょう。
 □ 風しんを疑う症状(発熱、発疹など)が出現した際は、医師に相談しましょう。

暮らしの便利帳

暮らしの便利帳

  • 税金
  • 届出・証明書
  • 教育
  • 子育て
  • 防災・災害
  • 健康・福祉
  • 住宅・土地・交通
  • 水道
  • ゴミ関連
  • 求人情報