○古殿町印鑑の登録及び証明に関する条例施行規則

昭和50年4月1日

規則第1号

注 平成24年10月から改正経過を注記した。

(趣旨)

第1条 この規則は,古殿町印鑑の登録及び証明に関する条例(昭和50年古殿町条例第8号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(登録申請の確認)

第2条 条例第4条の規定による照会の文書は,原則として郵送(親展)で送付するものとする。

2 前項による照会文書の送付を受けたときは,登録申請者は自ら出頭して回答書を町長に提出しなければならない。

3 登録申請者が疾病その他やむを得ない理由により,自ら出頭して回答書を提出することができないときは,その理由を証する書面及び委任の旨を証する書面を添えて代理人により提出することができる。

4 条例第4条第2項に規定する照会文書に対する回答書の提出期限は,照会文書発送の翌日から20日以内とする。

5 条例第4条第3項第3号に規定する「町長が特に認めたとき」とは,申請者と面識ある町の職員が本人であることを確認したときとする。

(印鑑登録原票の再製)

第3条 町長は,印鑑登録原票を再製する必要があると認めたときは,印鑑の登録を受けている者に当該印鑑及び印鑑登録証の提出を求め,再製することができる。

(印鑑登録証の受領印の徴収)

第4条 町長は,条例第7条第1項の規定により印鑑登録証を交付するときは,その受領者から受領印を徴するものとする。

(まっ消した登録原票)

第5条 町長は,条例第15条の規定により印鑑登録原票をまっ消した場合は,当該印鑑登録原票にまっ消年月日及び理由を記載し,これを保管するものとする。

(文書の保存期間)

第6条 印鑑に関する文書の保存期間は,次のとおりとする。

(1) まっ消した印鑑登録原票 5年

(2) 印鑑登録申請書 2年

(3) 印鑑登録証明書交付申請書 2年

(4) その他印鑑に関する書類 2年

(申請書等の様式)

第7条 印鑑登録及び証明に関する申請書,届書及び印鑑登録証等の様式は,次のとおりとする。

(1) 印鑑登録申請書 様式第1号

(2) 照会書及び回答書 様式第2号

(3) 印鑑登録原票 様式第3号

(4) 印鑑登録証 様式第4号

(5) 印鑑登録証再交付申請書 様式第5号

(6) 印鑑登録証亡失届 様式第6号

(7) 印鑑登録証明書交付申請書 様式第7号

(8) 印鑑登録証明書 様式第8号

(9) 印鑑登録廃止申請書 様式第9号

(10) 印鑑登録事項変更届書 様式第10号

(11) 印鑑証明書 様式第11号

附 則

1 この規則は,昭和50年4月1日から施行する。

2 この規則の施行後,条例附則第3項の規定の適用を受ける者については,この規則の規定にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成16年規則第12号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成24年規則第11号)

この規則は,公布の日から施行する。

(平24規則11・一部改正)

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

古殿町印鑑の登録及び証明に関する条例施行規則

昭和50年4月1日 規則第1号

(平成24年10月29日施行)