○古殿町自然資源等活用型交流促進施設条例

平成10年12月18日

条例第27号

注 平成20年3月から改正経過を注記した。

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条第1項の規定に基づき,町民の健康増進を図り憩いの場を提供するとともに,都市住民と町民の交流促進を図るため,古殿町自然資源等活用型交流促進施設(以下「交流促進施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 交流促進施設の名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

三株高原

古殿町大字松川字三株国有林1252林班ほか

芝山自然公園

古殿町大字山上字赤土国有林1228林班

大風川渓谷遊歩道

古殿町大字大久田字ヲテマ国有林1239林班ほか

鎌倉岳遊歩道

古殿町大字松川字集り国有林1261林班ほか

越代延命の清水

古殿町大字大久田字ヲテマ国有林1235林班

鎌倉岳長寿の強清水

古殿町大字松川字集り国有林1261林班ほか

滝の大清水

古殿町大字鎌田字滝168番地2

叶神の清水

古殿町大字仙石字叶神9番地

入道山の清水

古殿町大字田口字松森233番地1

大網あんの清水

古殿町大字竹貫字竹ノ内54番地5

(平20条例12・一部改正)

(業務)

第3条 交流促進施設において行う業務は,次のとおりとする。

(1) 交流促進施設の施設及びその附属設備の利用に関すること。

(2) 前号に掲げるもののほか,その設置の目的を達成するために必要な業務に関すること。

(管理の委託)

第4条 町長は,交流促進施設の設置の目的を効果的に達成するため必要があると認めるときは,町長が指定する者に交流促進施設の管理を行わせることができる。

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか,交流促進施設の管理その他この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

附 則

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成19年条例第26号)

1 この条例は,公布の日から施行する。

2 古殿町緑地休養施設設置条例(平成元年古殿町条例第4号)は,廃止する。

附 則(平成20年条例第12号)

この条例は,公布の日から施行する。

古殿町自然資源等活用型交流促進施設条例

平成10年12月18日 条例第27号

(平成20年3月14日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林畜産/第2節
沿革情報
平成10年12月18日 条例第27号
平成19年9月21日 条例第26号
平成20年3月14日 条例第12号