子どもが欲しいと考えているご夫婦へ

一般不妊治療費助成事業のお知らせ

古殿町では、子どもを生み育てたいという希望を持ちながら子どもができないご夫婦に対する支援とし、不妊治療(体外受精及び顕微授精を除く不妊治療)に要する費用の一部を助成しています。

対象となる方

● 次に揚げる要件を全て満たす方が対象となります。
(1)法律上の婚姻をしているご夫婦であること
(2)古殿町に住所があり、子どもがいないご夫婦
(3)夫婦のいずれかが申請日の1年前から申請日まで、古殿町に居住していること
(4)国保、社保などの公的健康保険に加入していること
※ 所得制限はありません。

対象となる経費

● 次に掲げる治療・検査を「一般不妊治療」とし、助成の対象とします。
(1)医療保険各法に規定する療養の給付が適用となる不妊治療
〔例:タイミング療法、薬物治療、手術治療など〕
(2)医療保険適用外の不妊治療のうち、体外受精及び顕微授精を除く治療
〔例:人工授精など〕
(3)治療の一環として行われる検査、及び治療開始前に不妊原因を調べるための検査
※ 健康保険適用分、自己診療分、いずれの医療費も助成対象になります。
※ ご夫婦いずれの医療費も助成の対象となります。
※ 不妊治療を実施している産婦人科・泌尿器科であれば、県内県外問わず、どちらの医療
  機関に受診していても助成の対象となります。
※ 入院時食事療養費・差額ベッド代・文書料等は助成の対象となりません。
※ 助成の対象となる経費は、平成22年4月以降に治療・検査を実施したものです。

助成内容

● 不妊治療に要した医療費に対し、通算2年間、上限20万円までを助成します。

申請方法

● 申請窓口は 健康管理センターです。
  助成金の交付を希望されるご夫婦は、事前に健康管理センターへ申し込みください。
 
 
● 申請窓口は、健康管理センターです。
  助成金の交付を希望されるご夫婦は、事前に健康管理センター
      へお申込みください。

暮らしの便利帳

暮らしの便利帳

  • 税金
  • 届出・証明書
  • 教育
  • 子育て
  • 防災・災害
  • 健康・福祉
  • 住宅・土地・交通
  • 水道
  • ゴミ関連
  • 求人情報