ふるさと納税

「ふるさと納税」ってなに?

古殿八幡神社例大祭で披露される「流鏑馬」
自分で選べる税!「ふるさと納税」とは?
「ふるさと納税」とは、新たに納める税金ではなく、ふるさとへの寄付金のことで、個人が2,000円以上の寄付金を行ったときに、住民税と所得税から一定の控除を受けられる制度です。つまり、国と現在お住まいの市町村に納めていた税金の一部をふるさとへ納税し、ふるさとの伝統文化の維持・伝承や、人材育成などの資金として活用され、ふるさとの発展に参加できる仕組みです。

寄付の申込について

「ふるさと納税」をする場合、まずは下記の寄付申込書によりお申込みください。
その後、寄付入金に対するお知らせをお送りします。

申込書送付先
〒963-8304
福島県石川郡古殿町大字松川字新桑原31番地
古殿町役場 総務課 宛て

「ふるさと納税」の流れ ~A市在住の方が、「ふるさと納税」をした場合~

ふるさと納税の流れ
※ 2「寄付受領書」は、3「確定申告」の際に必要な書類です。大事に保管してください。

「ふるさと納税」の流れ ~ワンストップ特例を受ける場合~

「ワンストップ特例制度」
平成27年4月1日より、所定の条件を満たす方について、所得税の確定申告をすることなく寄附金控除を受けることができるようになりました。
・特例を受けるための条件
 1. もともと確定申告をする必要のない給与所得者等であること
 2. 2015年1月1日から3月31日までの間に寄附をしていないこと
 3. 1年間の寄附先が5自治体以内であること
ワンストップ特例

「ふるさと納税」で税金はいくら戻ってくるの?

 古殿町に対する寄附金のうち、2,000円を超える部分について、一定限度額まで、原則として所得税と合わせて全額が控除されます。
ふるさと納税の寄附金控除額の簡易計算ができます。
所得税・住民税から控除を受けるためには、寄附をした翌年の3月15日までに、住所地等の所轄の税務署へ確定申告を行う必要があります。
なお、申告の際には、寄附金受領書が必要となります。
 
「ふるさと納税ポータルサイト」(総務省)より

確定申告書等の作成について

確定申告書の作成は「確定申告書等作成コーナー」(国税庁)が便利です。
このコーナーでは、画面の案内に従って金額等を入力することにより、税額などが自動計算され、確定申告書を作成できます。作成したデータは「e-Tax(国税電子申告・納税システム)」(国税庁)により提出することができますので、是非ご利用ください。

関連リンク

暮らしの便利帳

暮らしの便利帳

  • 税金
  • 届出・証明書
  • 教育
  • 子育て
  • 防災・災害
  • 健康・福祉
  • 住宅・土地・交通
  • 水道
  • ゴミ関連
  • 求人情報