国民健康保険制度について

 いざという時に安心して医療を受けられるように、すべての方はいずれかの医療保険制度に
加入しなければなりません。
 医療保険には大きく分けて2つの種類があります。職場の社会保険(健康保険・共済組合など)と
市町村が運営する国民健康保険です。
 国民健康保険には、職場の健康保険などに加入している人および
生活保護を受けている人以外は、すべての人が加入します。

退職者医療制度について

 会社などを退職して年金(厚生年金など)を受けられる65歳未満の人とその家族(被扶養者)は、
「退職者医療制度」で医療を受けることになります。医療費の自己負担割合は、一般の国保と同じです。
対象となる人
1.65歳未満で、国保に加入している人。
2.厚生年金や各種共済組合などから老齢(退職)年金を受けられる人で、その加入期間が20年以上、
  もしくは40歳以降10年以上ある人。
  上記の条件にいずれも当てはまる被保険者と、その被扶養者が対象です。
  ※対象となりましたら、退職被保険者の保険証を送付いたします。お使いの保険証を返却し、
   送付した色の違う保険証を使用してもらいます。

暮らしの便利帳

暮らしの便利帳

  • 税金
  • 届出・証明書
  • 教育
  • 子育て
  • 防災・災害
  • 健康・福祉
  • 住宅・土地・交通
  • 水道
  • ゴミ関連
  • 求人情報